40代に効果的なウォーキング ダイエット

40代に効果的なウォーキング ダイエット

こんにちは、ふくすけです。
40代向けにウォーキングを紹介します。

<こんな悩み有りませんか>
・何か運動を始めたい。
・ウォーキングを始めようと思っている
・ウォーキングの効果とやり方を知りたい

プロフェッショナルアドバイザーのふくすけが40代向けのダイエットに最適なウォーキングを紹介します。

<この記事を読むことで分かる事>
・ウォーキング効果、メリット、ポイント
・ウォーキングの効果的なやり方

<対象>
・40代
・男性、女性両方

40代に効果的なウォーキング ダイエット

 
ふくすけ
本記事は効果的なウォーキングについて説明するよ

動画準備中

ウォーキングのメリット

 
ふくすけ
次はウォーキングのメリットついて説明するよ

脂肪燃焼による肥満の抑制

肥満解消

ウォーキングを行うと有酸素運動の効果により、脂肪を燃焼します。あなたの体に付いている脂肪をエネルギーに変えて運動を行います。結果、内臓脂肪や皮下脂肪の減らすことができます。

糖尿病の予防

インスリン抵抗性

運動を行うことで、糖や脂肪が消費されて、インスリン抵抗性が改善します。インスリン抵抗性とは、血糖値を下げる効果が効きにくくなることです。インスリン抵抗亭が改善すると血糖値を下げやすくなりますので、糖尿病の予防に繋がります。

うつ病の予防

うつ

やる気ホルモンであるドーパミンを分泌して、意欲的になりモチベーションが上がる。ウォーキング中は、外の自然の景色を見ながら楽しむことで、心地よくなり、これまでの悩みやストレスも解消されて、うつ病の予防になります。

ウォーキングの効果

 
ふくすけ
まずはウォーキングの効果ついて説明するよ

有酸素運動で脂肪燃焼

ウォーキングは全身の80%の筋肉が参加する運動です。全身を動かすことにより血流が改善する。ウォーキングは有酸素運動となるため脂肪燃焼に繋がる。汗をかいて老廃物を排出する働きがあります。

血糖値の上昇抑制

血糖値

血液中のブドウ糖(血糖)をエネルギーとして使う。インスリン抵抗性の改善。

インスリン抵抗性とは
膵臓から分泌されるインスリンが血糖値を下げる効果があるが、血糖値を下げる効果が効きにくくなることをインスリン抵抗性という。

ストレス解消

ウォーキングを行うことで、幸せホルモンである「セロトニン」が分泌します。セロトニンの働きにより、ストレスが解消できます。ダイエット目的だけでなく、ストレスを解消したいときはウォーキングを行うと良いでしょう。

ウォーキングのタイミングと時間

 
ふくすけ
ウォーキングの時間ついて説明するよ

ウォーキングは朝

朝

朝は糖が不足している状態で、脂肪が燃焼しやすいためです。朝にウォーキングをすると基礎代謝が高い状態になり、脂肪燃焼効果が持続してウォーキングが終わった後も脂肪を燃焼します。朝にウォーキングが出来ない場合や、夕方や夜でも良いので、できる時間を見つけて実施してみましょう。

20分以上

ウォーキングの時間は20分以上行いましょう。可能なら30~40分くらいが理想です。20分ほどすると汗ばんできます。これは有酸素運動が出来ている証拠です。どんどん血流が改善して、体が温かくなってきます。この状態になるには20分以上必要なため、ウォーキングを行うときは20分以上を目安に行いましょう。

ウォーキングのポイント

ウォーキングのやり方
 
ふくすけ
ウォーキングのポイントはこれだ

姿勢よく、早歩き

ウォーキングは姿勢を良くして歩くことが重要です。あごを引いて目線は前に、しっかりと背を伸ばし、腕を大きく振り、少し大股で早く歩くことを意識してください。うでの振り方ですが、後ろに大きく引くことを意識すると良いでしょう。いつもより、歩幅を大きくして、少し速い速度で歩きましょう。そうすることで、全身の筋肉を使うようになります。早く歩くことで、心拍数が少し上がり脂肪が燃焼しやすくなります。

まとめ

<ウォーキング効果やメリット>
ウォーキングは有酸素運動により脂肪燃焼ができる。脂肪燃焼により肥満を解消し糖尿病やうつ病などの病気を予防する。

<ウォーキングの効果的なやり方>
ウォーキングは朝がおすすめ、1日基礎代謝が高い状態を維持できて脂肪燃焼効果が高くなる。20分以上歩くことで有酸素運動になり脂肪が燃焼を始める。歩くときの姿勢は、背筋を伸ばし、腕を大きく振り、少し大股で歩く。いつもより早くを歩くことで、有酸素運動の効果を高めることができる。