40代は食べて痩せる。太りにくい食べ方(食べる順番)

40代は食べて痩せる。太りにくい食べ方(食べる順番)

<こんな悩みありませんか>
・太りにくい食べ方が知りたい
・太りにくい食べる順番が知りたい

<この記事を読むことで変わる事>
・太りにくい食べ方が分かる
・太りにくい食べる順番が分かる

<結論>
・炭水化物を最後に食べる
・脂質→タンパク質→野菜→炭水化物の順に食べる

40代ダイエット太りにくい食べ方(食べる順番)

太りやすい食べ方

こんな食べ方は太りやすくなる

こんな食べ方をしている方は太りやすくなります。炭水化物中心の食事内容。例えば、朝はパンだけ。お昼はラーメン、うどんなどの麺類だけ。夜は食べたい放題お腹いっぱいになるまで食べる。こんな食べ方は確実に太ります。炭水化物はほとんど糖質です。糖質を食べると太ります。糖質を摂ると血糖値が上昇します。血糖値が上昇すると膵臓からインスリンが分泌されて、糖を各機能に運びます。各機能では、貯蔵量が決まっており、貯蔵の上限を超えた分は脂肪細胞に蓄えられるのです。脂肪細胞つまりあなたの体についている脂肪になります。ポイントは血糖値を上げないこと。インスリンを分泌させないことになります。

太りやすい順番

太りやすい食べ方の順番を説明します。白米、おかず、みそ汁、野菜のメニューの場合は、白米を最初に食べると太りやすくなります。白米は炭水化物ですから、炭水化物を最初に食べると太りやすくなります。これが一番太りやすい順番になります。炭水化物はほとんど糖質でできていますから血糖値が上がりやすくなります。血糖値があがるとインスリンが分泌されて脂肪が増えてしまいます。

太りにくい順番はこれ

太りにくい順番

太りにくい食べ方の順番を説明します。白米、おかず、みそ汁、野菜のメニューの場合は、白米などの炭水化物は最後にします。この場合の順番は、1番目はおかず、みそ汁、野菜、白米の順番に食べると良いです。最初に炭水化物を食べてしまうと血糖値が上がってしまいインスリンの分泌が多くなります。最初はタンパク質や脂質を食べて、最後に炭水化物を持ってくると良いでしょう。

太りにくい食べ物

太りにくい食べ物は、糖質の少ない食べ物になります。血糖値を上げない食べ物になります。タンパク質や脂質は血糖値をあげにくい食べ物になります。お肉や魚、たまご、チーズ、バター、生クリームは血糖値をあげませんので、インスリンの分泌が抑えられます。

おすすめの食べ方

おすすめの食べ方を説明します。まずは脂質を最初に食べるます。脂質は血糖値を上げませんからインスリンは分泌しません。よって、体に脂肪が増えることはありません。しかも脂質は、満腹感を得られやすく、満足感も得られるのです。最初に脂質を食べることをおすすめします。そして次にタンパク質を食べます。タンパク質はお肉やお魚、たまごになります。1日に必要なタンパク質量は体重×1gを目安にします。体重が50kgの人は、50gになります。お肉やお魚に含まれるタンパク質量は約2割と覚えてください。お肉を100g食べるとタンパク質量は20g摂れます。最後に炭水化物を食べるようにしてください。最初に脂質を食べて、必要なタンパク質量が取れる量のお肉やお魚を食べている場合、最後にはお腹がいっぱいになっており、炭水化物はほとんど食べられない状態になっています。おのずと炭水化物の量を減らすことになります。これがおすすめの食べ方になります。

まとめ

・脂質→タンパク質→炭水化物の順番に食べる。

これからダイエットを始めようと思っている方やすでにダイエットを行っている方は「40代ダイエットに必要な準備物一覧」をチェックしてみて必要な準備物が揃っているか確認してみよう。